この業界には関わらない方がいいよ!いかにこの業界で新卒カードを切るのがもったいないか、新卒から入社している私がお伝えしまふ笑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実際に私がやらされていた、駅で名刺交換をお願いし、
投資用ワンルームマンションを営業していた方法をご紹介します。

覚悟を決める


一日500人に声をかけます。
20%が話を聞いてくれます。
そのうちさらに半分が名刺交換に応じてくれます。

なので貰える名刺の数は概算50枚程度。

丸々一日駅前に立ち尽くして声掛けしまくって、
お巡りさんあの人ですとかたまに言われてお巡りさんに怒られて、
もう無理と思って帰社しようと思って上長に電話入れたら
「あ?何ぬるいこと言ってんの?1000枚取るまで帰ってくんなやボケが」と怒られて、
すんげー疲れて結局一日終わってみたら50枚の名刺獲得…。

そして、アポは取れるけど、テレアポよりも全く売れない…
それがこの秘伝・名刺獲得術なのであります。

ここから先は、具体的なやり方を書いていきますので、
子供は見たらあかんで。


場所を決める


やりやすかったのは、丸の内、溜池山王、六本木、品川、横浜などなど。
年収500万円以上のサラリーマン男性(日本人)が集まりそうな場所。

ちなみに上野はあかん。
声かけてみたら地方から新幹線で来る人が多くて、営業になりませんでした。
品川、東京駅もそういう人はいるけど、オフィスも多いからまだマシ。

丸の内なんてめっちゃよかったよ
外資証券が多いし。
赤坂、溜池山王エリアもスーパーグッドやね。
外資コンサルにあたる確率多いから。

あと丸の内は、ベンチあるでしょ?
新丸ビルの裏辺り。
あと大手町付近の喫煙所。
あの辺でも声掛けしてたけど、いる人結構同じだからすぐ噂になるんで気を付けて(笑)


では実践編。

声のかけ方を決める


まず、ななめ後ろから声をかけます。
正面はやめた方がいいです。驚いた表情をされます。

声をかけたら、伝えるのは以下の内容がベスト。

・新人研修中であること
・名刺交換をできるだけ多くの人にお願いしている
・だから協力してほしい

もちろん事前に新人ちゃんっぽくたどたどしく話す練習をしておきます。
こちとらもう○年目だけどな…(笑)

そして名刺をもらったあとは、

・なかなか名刺を貰えないのでとても嬉しい、ありがとうございます。
・もしよければ今後も、たまにメールとか送ってもいいでしょうか

と伝えます。
「たまに」じゃねえけどな。帰社後に「速攻」メールおくりまっせ。


帰社後にメールでフォロー


・お礼
・自己紹介
不動産のお仕事をしています
・もしよろしければ、軽くお茶でもしながら休憩がてら10分くらいお話しできたらうれしいです!

といった内容を速攻で送ります。
「投資用ワンルームマンションの営業」ではなく、あくまで「不動産」とぼかすのがポイント。

さらに「10分くらいお茶を」という軽いノリで誘います。

以上、これで1日50人は名刺交換できたかな。

私が女だからか分かりませんが、結構多いのが、

「じゃあ夜21時~ならいいよ。絶対一人で来てね(音符)」

みたいな、何を期待してんすかって感じのメールを返してくるリーマンの多い事多い事。

どや、以上が投資用ワンルームマンション営業に代々伝わる秘伝の名刺交換術や!


ちなみにワタクシ、丸の内とか溜池山王で声をかけていて、
たくさんの外資系のエリートに出会ったのですが、
彼らと話すうちに、世界観が広がり、それがきっかけで退職したんですね

もちろん外資系いけるほどの職歴ではないんだけど、
ちゃんと努力して、もっと世の中の役に立つ仕事に就きたいなってね。思ったんすよね。
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。