この業界には関わらない方がいいよ!いかにこの業界で新卒カードを切るのがもったいないか、新卒から入社している私がお伝えしまふ笑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投資用ワンルームマンションの営業、勧誘が来た時の断り方をまとめました。


1.年収が低いアピール


これは最も効果があります。
低い年収だと、ローンの審査が通らないためです。

具体的には、年収500万円を下回っているといいと思います。


2.先月マンション買っちゃった!アピール


これも効果があります。
マンションでも戸建でもなんでもいいのですが。
マンションって一つ買うと、2軒目の購入はローン審査などのハードルがぐっと上がります。
また単純に1軒の購入で資金がなくなる方の方が多いことも理由ですね。
いずれの場合も、ワンルーム営業マンとしては
「ちっ、これじゃマンション買えないな…」と判断するしかなくなります。


3.警察に言うと告げる


これも効果があります。
国にたてつくの?という事を伝えるわけですね。
あとは「宅建業法施行規則16条の12第1号のニ」違反である旨を告げるわけですね。


また、イレギュラーなパターンとして…


4.退職しました/死にましたと告げる


これ、本人でなく他の人が電話に出た時にしか使えませんが。
その職場には本人はいないということが伝われば良いのです。
事前に、「○○社とか△△社から電話がきたらこう対応してほしい」とあなたの職場の人たちに伝えておく必要がありますしね。
小規模なオフィスだと使える技かと思います。

ま、「死にました」は何となく言いづらいですけどね…。


まぁ、このぐらいかな。効果がある断り方は。
ただ、これらをやったからといっても、数か月したらまたかけてくるのが投資用ワンルームマンションの営業マンなのですが。



逆に、やっても効果がない断り方もまとめておきますねー。


1.「いりません」とストレートに断る


なぜこの断り方が通用しないのでしょうか?
答えは、「そんな断り方、相手の営業も想定しているから」であります。
当然カウンタートーク飛んできますよ。

カウンタートークには以下の種類があります。

・なぜ?と理由を聞いてくる
・年金など将来の不安をあおりだす
・いい車乗りたいですよね?とリッチになった時のことをアピールする
・あなたは年収いくらで職業もこうだから買えるんです、
 他の人はなかなか買いたくても買えないんですと、
 選ばれた人であるかのように伝える
・ちなみに御社の業績すごくいいですよねと、話をずらす
・あなたがうちの兄貴にそっくりで…と情に訴える

などなど。
あの手この手。マジですよ。これ私も現役時代によくやってたもん。


2.営業トークの穴を指摘する


・利回り低くない?
・立地悪くない?
・私だとローン審査通らないと思うよ?
・〇年後の想定利回りは下がるんじゃないの?
・御社の入居率の実績ってどうなの?

などなど…

ちょっと投資とか不動産とか詳しい方だとこういうトークで断ってもいいと思いますが、
あまり詳しくなければ、

では、詳細にご説明いたしますよ!ぜひ会いましょう!

とかいう方向に強引に持って行かれるんですよ。
非常に危険。


3.反社会組織アピール



「こっちはや*ざだけど?」みたいな断り方。
これは、実は非常に危険。

これで断れることも多いと思いますが、
稀に相手がガチの同業系列ってパターン、あります。
その場合、どうなるかは私にはわかりません…。

あとその会社はクリーンだけど、資本が出てるパターン。
いわゆるフロ*ト企業ってやつですね。
私も何社か昔聞いたことがあります。

この手の嘘は言わない方が良いですねえ。
普通に「年収300万なんで…」とかでいいと思うよ。
<< 営業マンのバックれ方 // ホーム // ワンルームマンション営業の電話が私宛にかかってきた >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://1roommanshon.blog133.fc2.com/tb.php/26-15c51828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。