この業界には関わらない方がいいよ!いかにこの業界で新卒カードを切るのがもったいないか、新卒から入社している私がお伝えしまふ笑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投資用ワンルームマンションの販売業者をやっていると、
自己破産者がたくさんいます



これ、マジな話。


おもに2つのパターンがあります。



パターン1.経費がやたらかかる

パターン2.強制的に金を使わされる




パターン1.は、文字通り、経費がほとんど自腹という点。

・商談のたびに客への接待費が自腹
・商談に同行してもらう上司のタクシー代が自腹
・商談の手土産が自腹
・客に送る手紙、資料送付代等々が自腹
・上司に飲み屋に強制連行され、帰りのタクシー代が自腹
・携帯代でのアポ取りは自腹

これだけで、月に3万~軽くかかります。


ま、これは投資用ワンルームマンション業界だけの話でもないのですが、
健全なところはこれ全部経費で持ってくれますので。
入社の前に、こういう所は事前調査しようにもできないため、
入社してから後悔する人が多数です。

しかも、商談件数が多い人ほど実は金がかかります

定期代だけは出してくれるという会社が覆いですけど。




パターン2.強制的に金を使わされる

これは、少数ですが、こういう会社が確実にあります。

まず、入社してすぐ、ロレックスやゼニアのスーツをローンで買わせます。
または、キャバクラに何度も強制連行し、そこの飲み代を出させます。



こうすることで、借金ができますので、借金を返すために一生懸命働く営業マンになる…

というのが会社の理論なのです。


「うだつのあがらねぇお前に、売れる営業マンにしてやろうってんだよ。感謝しろよ!」
と言う勘違いのセリフ付で。


これ、業界外の人には作り話に見えることでしょうが、
マジ話ですよ。

その業界に知り合いがいればぜひ聞いてみてください。
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。