この業界には関わらない方がいいよ!いかにこの業界で新卒カードを切るのがもったいないか、新卒から入社している私がお伝えしまふ笑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目次 - 投資用1ルームマンション販売

はじめに - この業界について

☆断り方 - 営業・勧誘の断り方まとめ☆
【断り方】投資用ワンルームマンション営業、勧誘の断り方

☆投資用ワンルーム業界の真実☆
客がほぼ確実に“損をする”システム

☆仕事内容☆
電話営業のリストあつめ
電話営業
アポイントが取れたら…
上司
秘伝・名刺交換アポ
名簿の購入
銀行に提出する書類を改ざん
秘伝・名刺交換アポの実践編

☆日々☆
自腹経費がたくさんあるよ!
夜遅くまで営業
夜中まで電話営業、その後ポスティング
酒好き上司に仕事後、キャバクラへ強制連行
バックレる同期の友達
元ホスト、元土方、元危険な職業…
風邪で欠勤した人の家に上司が押しかけ、会社まで強制連行してた件
辞職願を出した人を説得と称し丸一日軟禁している件
漢(おとこ)はこうしてバックレる

☆地獄のポスティングだょ☆
なぜわざわざ辛いポスティングを選ぶのか謎
サボる下っ端とそのハートを複雑骨折させる上司

☆お客さんからの評判☆
電話営業をしていたらしょっちゅう頂くありがたいお言葉
たまにこんなつわもののお客さんも
ワンルームマンション営業の電話が私宛にかかってきた

☆こんな人たちがカモです☆
投資用ワンルームマンション営業/勧誘されやすい人と言えば
投資用ワンルームマンション営業はどんな人たちに営業電話をかけるのか?

☆新卒の君たちがこの業界について知っておくべきこと。笑☆
もうね、やめとけってマジで
運悪くこの業界に入ってしまったあなたへ
スポンサーサイト
ワンルームマンションのポスティングって男の子でもしんどかったみたい。

b4サイズのビラ2000枚から3000枚をリュックに入れてマンションとかに爆撃かますんだけど、最初の数十分はいいのよ。
なんか散歩みたいだし。問題はそこからで、肩がだんだん痛くなって来るんですな。1日の終わりには激痛っすよ、マジで。特にやられるのが鍛えてる男子ね。肩の骨だからね、悲鳴をあげてるのは。だから筋肉あっても関係ないからね。

ちなみに2000枚で約20キロ、3000枚で約30キロですわ。
時間とともにだんだん減るからましって思ってるそこのお前な、朝一で始めても昼にゃまだ1800枚、18キロ分残ってんだよ。夕方で1000枚、夜20時とかでやっと残り数百枚なわけよ。どや。これずーっとずーっと、炎天下でも雨の日でも背負ってんだぜ。
女の私はビラの量は男の三分の一とかだったけどそれでも重かったね。

しかも2000枚とか3000枚って結構小走りくらいで回ってかないと夜中とかまでかかるわけよ。会社的に終電なくなっても本人がトロいから悪いって考えなのよ。

んでみんな疲れるじゃん?
配れど配れど問い合わせなんて一件もこねーしな。
どうなるかって言うと、サボるんですな。自然の摂理なこれ。ローマ帝国でも古代中国でもそういうやついたんじゃないかね。笑

それではサボり方の例、あげときますねー。

♪サボり方のお手本♪


・各戸に3枚ずついれてく。不思議なことにこれなら早いと午後には終わる。全部にやるとあれなのでランダムに2枚にしたり一枚にしてみたりする。調整力の見せ所。
・家に置く。自宅に持ち帰るということ。稀代の策士やね!
・コンビニで自宅に自腹で郵送するやつも。サボりを金で買うその発想が凄い。
・捨てる。川べとかに男らしく1500枚くらい捨てる。これぞ人類の叡智。

盛り上がってきたところで、次に上司がよくやるサボり対策を紹介します。笑

♪サボりくんの心をへし折る対策♪


サボるのなんか100も承知、なぜなら彼らもかつてやっていたから手の内は熟知している。上司を上回るサボラーこそが輝けるのだ。

・車で追跡。
すぐ後ろではなく、ポスティング担当が会社を出て30分後くらい。ポスティング担当の経路はあらかじめ決められている。その経路となるマンションを無作為に見て回るのである。
当然、2枚、3枚重ねて1戸にポスティングするやつはいる。もちろんバレる。
この追跡が真に恐ろしいのは、追跡する事を言わず、1日のポスティングが全て片付いて皆がオフィスに戻ってきた20時から22時くらいのタイミングで言うのである。

「おうお前ら終わった?今日もご苦労さん。」って。
終わった感出しといて。からの名指し。

「あー徳井」
「はあ」
「3枚ずつくばってんじゃねえよ。3件ぐらい苦情来てっけど」
「え…」
「つう訳でおめーら、こいつ(徳井)が今から1000枚やりなおすから、連帯責任で終わるまで全員で待っとけー。帰んなよ。」
「えっ…」
「さっさ行けやカス」

で、みんなで沈黙のままオフィスで徳井待ち。沈黙で夜中の3時まで徳井待ち。昭和かな?むしろ日本かな?

ちなみにこの上長、恐ろしいのはもう1つあって、敢えて2、3週オフィスから姿を消して「最近上長いないしサボれるんじゃないか」という空気を作らせるのね。
だんだん会社の空気がゆるーくなってきた頃に、何人かが少しずつサボり出します。暇か。

上長の追跡は最初っからやっているのですが、一人じゃなく、数人がサボり出したのを察知してから、誰か一人を見せしめに名指しして責任を負わせるのであります。
ハシゴを外すとはまさにこの事。

徳井くんは思います。あいつとあいつとあいつもやったじゃんって。なんで俺だけって。
他のみんなは思います。俺もやったのに徳井だけ…徳井すまん…って。

こうして上長はいつどこで誰が見ているかわからないという事を体で覚えさせるのです。。
まあ、家で捨てる奴が出てくるだけなんだけどね。笑
新築ワンルームマンションが竣工し大々的にテレアポ開始したものの立地が悪くのおのがあって、最後の2,3戸がなかなか売れない時ってあるのよ。

そんな時、ワンルームマンションの会社は営業代行に託して次の物件に注力するとこもあれば別のイケイケの営業会社に買い取ってもらうとこもある。

まーいつまでも売れない物件延々とセールスしても疲弊するじゃない。それよりさっさと新築の売れやすそうな物件売りたいじゃない。
若手の営業マンたちはそう思ってる。
だけど会社の役員のおじさんとかはそう思ってなかったりするわけ。

だから第3の選択肢として引き続き自社で売る事を選んじゃう役員もいる。うぜー。
そうなると悲惨で、竣工から一定期間経つと「新築」じゃなくなるから多少値下げしてでも売らないといけない。
それでいろんなマンションにポスティングしにいくんだよね。

標的のマンションは、物件沿線のマンション全部。

例えば池袋のマンションなら西武線とかは格好のターゲットになる。買い替え需要とかあんじゃねーかつって。
でも同じマンションに5,6回は巻くんだけどね。
ワンルームマンション投資への、すげー的確な突っ込みを発見
↓↓
老後はほぼ必ず貧乏になるマンション投資 : アゴラ

営業マンの事情とかも把握してて面白い。
ちょっと引用してみます。

だいたい新築マンション投資営業といえば、学歴経験不問の実力主義。に惹かれざるを得ない人達が、不動産知見を積むのではなく、和田裕美の陽転思考だかを読んで、顧客の不安の質問をポジティブに返すことに人生をかける世界。だから不安はまず的中する。



はい、とても正しいです。笑
実際に私がやらされていた、駅で名刺交換をお願いし、
投資用ワンルームマンションを営業していた方法をご紹介します。

覚悟を決める


一日500人に声をかけます。
20%が話を聞いてくれます。
そのうちさらに半分が名刺交換に応じてくれます。

なので貰える名刺の数は概算50枚程度。

丸々一日駅前に立ち尽くして声掛けしまくって、
お巡りさんあの人ですとかたまに言われてお巡りさんに怒られて、
もう無理と思って帰社しようと思って上長に電話入れたら
「あ?何ぬるいこと言ってんの?1000枚取るまで帰ってくんなやボケが」と怒られて、
すんげー疲れて結局一日終わってみたら50枚の名刺獲得…。

そして、アポは取れるけど、テレアポよりも全く売れない…
それがこの秘伝・名刺獲得術なのであります。

ここから先は、具体的なやり方を書いていきますので、
子供は見たらあかんで。


場所を決める


やりやすかったのは、丸の内、溜池山王、六本木、品川、横浜などなど。
年収500万円以上のサラリーマン男性(日本人)が集まりそうな場所。

ちなみに上野はあかん。
声かけてみたら地方から新幹線で来る人が多くて、営業になりませんでした。
品川、東京駅もそういう人はいるけど、オフィスも多いからまだマシ。

丸の内なんてめっちゃよかったよ
外資証券が多いし。
赤坂、溜池山王エリアもスーパーグッドやね。
外資コンサルにあたる確率多いから。

あと丸の内は、ベンチあるでしょ?
新丸ビルの裏辺り。
あと大手町付近の喫煙所。
あの辺でも声掛けしてたけど、いる人結構同じだからすぐ噂になるんで気を付けて(笑)


では実践編。

声のかけ方を決める


まず、ななめ後ろから声をかけます。
正面はやめた方がいいです。驚いた表情をされます。

声をかけたら、伝えるのは以下の内容がベスト。

・新人研修中であること
・名刺交換をできるだけ多くの人にお願いしている
・だから協力してほしい

もちろん事前に新人ちゃんっぽくたどたどしく話す練習をしておきます。
こちとらもう○年目だけどな…(笑)

そして名刺をもらったあとは、

・なかなか名刺を貰えないのでとても嬉しい、ありがとうございます。
・もしよければ今後も、たまにメールとか送ってもいいでしょうか

と伝えます。
「たまに」じゃねえけどな。帰社後に「速攻」メールおくりまっせ。


帰社後にメールでフォロー


・お礼
・自己紹介
不動産のお仕事をしています
・もしよろしければ、軽くお茶でもしながら休憩がてら10分くらいお話しできたらうれしいです!

といった内容を速攻で送ります。
「投資用ワンルームマンションの営業」ではなく、あくまで「不動産」とぼかすのがポイント。

さらに「10分くらいお茶を」という軽いノリで誘います。

以上、これで1日50人は名刺交換できたかな。

私が女だからか分かりませんが、結構多いのが、

「じゃあ夜21時~ならいいよ。絶対一人で来てね(音符)」

みたいな、何を期待してんすかって感じのメールを返してくるリーマンの多い事多い事。

どや、以上が投資用ワンルームマンション営業に代々伝わる秘伝の名刺交換術や!


ちなみにワタクシ、丸の内とか溜池山王で声をかけていて、
たくさんの外資系のエリートに出会ったのですが、
彼らと話すうちに、世界観が広がり、それがきっかけで退職したんですね

もちろん外資系いけるほどの職歴ではないんだけど、
ちゃんと努力して、もっと世の中の役に立つ仕事に就きたいなってね。思ったんすよね。
// ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。